• ash-010
  • ash-010
  • ash-010
  • ash-010
asahi chocolate

チョコレートバーク (ホワイト カカオニブ)

¥900 税込
数量

賞味期限

外装に記載 (発送日より14日以上のものをお送りします)

配送方法/配送料

ANIDASO?ザクザクとしたカカオニブ(カカオ豆を砕いたもの)がトッピングされたホワイトの板チョコレートです。 一粒一粒手剥きした芳醇なカカオニブのほろ苦さと、ホワイトチョコのクリーミーな甘味のギャップが楽しい一品です。 送料について ※ギフト対応・熨斗・掛け紙について
お問い合わせ

あさひチョコレートでは、障害福祉サービス事業所の利用者さんと共に、カカオ豆からチョコレートを製造しています。 カカオ豆の焙煎・皮の手剥き・粉砕から、チョコレートをなめらかにするコンチング・艶を出すテンパリング・型に流し込み空気を抜くタッピング、商品としての成形・包装袋の色塗りまで、ひとつひとつの工程に利用者さんが携わっています。 タブレット(板チョコレート)は、出来得る限りシンプルな原材料で、自然な美味しさを、そのまま味わって頂けるよう作っています。 『チョコレートバーク (ホワイト カカオニブ)』は、コロンビア産のカカオバター・よつ葉乳業の全粉乳・てんさい糖で仕上げた一品で、ミルクの風味は濃厚ながらもシャープですっきりとした甘味が特徴的です。 トッピングのカカオニブは、利用者さんが一粒一粒、手作業で丁寧に皮を剥いたカカオ豆を、食べやすい大きさに砕いたものです。『皮剥きが好き!』という利用者さんも多く、製造スタッフと共に日々楽しく作業をしています。

「作る人・食べる人、双方にとって幸せである『暮らしやすい社会』を築き上げていきたい。そんな想いと共に、地域で力を合わせてチョコレートを作っています」 そうお話して下さったのは、「あさひチョコレート」の事業の舵取りをしている岩岡智之さん。社会福祉法人 平成会 障害福祉サービス事業所 多機能型事業所あさひ が展開しているこちらのチョコレート工房では、障がいのある利用者さんと職員二人三脚でカカオ豆からチョコレートを手作りしています。

◆理科室がチョコレート工房になるまで

廃校の理科室を改築したという工房があるのは、広島県の南部中央に位置する竹原市。人口減少が進む街でもあり、2018年の西日本豪雨災害で被災した地でもあります。 そんな中、この地域を活気づけたい、という願いを込めて、チョコレート作りが始まりました。 あさひチョコレートの母体である社会福祉法人では、発達や知的に障がいのある方が地域の中で生活を続けていけるよう「サポート」を行っています。ですが5年前に豪雨に見舞われた時、主要交通機関が遮断され、地域一帯が閉鎖状態になってしまい、利用者さんにこれまで提供できていたお仕事がなくなってしまったんです。もともと利用者さんは障害基礎年金と工賃(作業に対して支払われるお金)を合わせても、10万に満たない額で1ヶ月を暮らしています。少しでも皆さんの所得を向上させていきたい。そのためには災害に左右されず、安定的に仕事が生み出せる、自主製品を地元で作ることが必要だと感じました」 そこで施設の利用者さんの希望を募ったところ『格好いい仕事がしたい!』『パティシエやショコラティエはどうか?』という声が上がり、チョコレート製品の開発に取り組むことになったそうです。 「ですが、もともと『カカオ豆から手作りする』という発想はなかったんです。他社の工房見学にも行きましたが『チョコレート菓子作り』は、調温や盛り付けなど、ひとつの作業場に複数の工程が混在するため、単一作業に特化した利用者さんがこなすのは難しいだろうな、と断念しかけていたんです」 そんな中、新聞記事で偶然目にした佐藤清隆教授(食品油脂の研究をしている広島大学名誉教授:チョコレート関連書も複数執筆)の存在を知ったことが、大きな転機になったそう。






原材料

カカオバター(コロンビア製造)、全粉乳、てんさい糖、植物油脂、カカオニブ

内容量

29g

賞味期限

外装に記載

(発送日より14日以上のものをお送りします)

保存方法

直射日光、高温多湿を避け、涼しい場所で保管してください。

    この商品を購入された方のみレビュー投稿できます。
    (会員ログインが必要です)
    ログイン

    このブランドの他の商品

    商品一覧
    商品一覧

    Bean to Barの他の商品

    商品一覧
    商品一覧